FC2ブログ

キオクノシンエン

08<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930 >>10

富士総合火力演習その2

富士総合火力演習の続編です。600枚くらい撮ったので、選ぶのに時間がかかります。
トリミングはあまり好きではないのですが、撮影場所の関係で
意図しないものがどうしても入り込んでしまい回避できませんでした。
こってり高コントラストで焼き込みました。

ske2-0


ske2-2


ske2-3


ske2-4


ske2-5


ske2-6


ske2-7


ske2-12


ske2-11


ske2-10


ske2-9


ske2-8



D700 CarlZeiss Planar T*1.4/50mm
D90 A001 70-200mm f2.8
CX1

富士総合火力演習

富士総合火力演習に行ってきました。
午前中は雲もあり涼しかったのですが、午後からは太陽も出て暑かったです。
本当は戦車や砲台からの発射の瞬間や着弾時の爆発等を撮りたかったのですが、
こういう動く被写体を撮ることに私のウデがついていってません。
ほとんど静止してるものしか撮れてません。
まずは速報です。

ske01


ske2


ske3


ske4


ske5


ske6


ske7


ske8


ske9


ske10


ske11

D700 CarlZeiss Planar T*1.4/50mm
D90 A001 70-200mm f2.8

富士山

風邪が悪化し今日は休暇です。
過去画像から富士山です。

へたくそな私に富士山を撮る資格はないのですが、
このときは夜中に目が覚め、何故か富士山を撮りたくなりました。

まだ冬の3時くらいだったと思います。
朝霧高原経由で湖の畔にたどり着きました。
林道の暗く細い道で突然巨大な鹿3~4匹が
私のポンコツ車に躍りかかってきました。
ひかないように振り切り、やっと舗装道路に出ると、
道の真ん中で狸の親子(と思われる)にガンをたれられ、
自然の脅威(というほどでもない)に恐れながら、
よけるように脇道にそれたりしながら道に迷いました。半ベソです。

どのくらい迷ったのでしょうか、そとはうっすらと明るく、
群青の空に浮かぶ月は『自然をテキトーに撮るんじゃねぇぞ』
といわんばかりの一瞥をくれてました。
そんなシロートの私への富士山の洗礼だったのでしょうか。

気がつくとあたりには夜明け待ちのカメラマンの人だかりでした。

それにしてもこのドリーミーでヘブンリーかつスペーシーな世界は
夜明けの富士山ならではです。やっぱキレイです。

mtf1
夜と朝の境目です。谷川俊太郎の『朝のリレー』を思い出します。
『きりんの夢を見ているとき』

mft2
『朝もやの中でバスを待ち』

mtf3
『ほほえみながら寝返りをうつとき』『柱頭を染める朝日にウインクする』
mtf4
『いつもどこかで朝がはじまって』ますね。
『あなたの送った朝』は『誰かがしっかりとうけとめ』ましたか?

全て40D 24-70mm f2.8

西伊豆

3月、西伊豆に行ってきました。
3
40D EF70-200mm F4L IS USM
暴風でした。

4
40D EF70-200mm F4L IS USM
少し凪。

2
D90 AF-S18-105mm 3.5-5.6G ED VR
竹林

1
D90 AF-S18-105mm 3.5-5.6G ED VR
霧、濃過ぎで、とてもヘブンリー。

高倍率レンズって便利だけど、やっぱ両方で歪曲収差多くて気になります。

«  | ホーム | 

プロフィール

o-54

Author:o-54
記憶色や期待色、紫外線に赤外線。
記憶の色や形は、写真通りですか。
見た物は本当に、写真通りですか。

#リンクはご自由に

【使用機材】

-camera-
D700/D90(IR)/C3/E-PL2/G12

-lens-
Nikkor85mm f1.8D、50mm f1.4D、35mm f2D
50mm f1.2S、35mm f1.4S、PC 35mm f2.8
S.C50mm f1.4(Ai改)、N.C28mm f2(Ai改)
Planar T*1.4/50mm
COLOR SKOPAR20mm f3.5
NOKTON25mm f0.95
SIGMA50mm f1.4、85mm f1.4
TAMRON70-200mm f2.8
E16mm f2.8、M.ZUIKO17mm f2.8、45mm f1.8
YAKUMO25mm f0.95、IR25mm MP f1.2
SPACE35mm f1.2
PENTAX16mm 、25mm f1.4、8-48mm f1.0

FC2カウンター

検索フォーム

QRコード

QRコード