キオクノシンエン

03<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930 >>05

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

赤外線写真について

赤外線写真の問い合わせが多いのでお話ししておきます。


デジカメに赤外線透過(可視光カット)フィルタを使います。
私のカメラのうち2台はローパスフィルタ(IRカットフィルタ)がないので赤外線感度が高いです。
それを使うとISO50で、かなり絞っても手持ちで十分シャッターは切れます。
普通のカメラだと、10秒を超える遅いシャッターなので三脚は必須です。
撮影モードもセンサー特性により、露出補正に気をつけながら使い分けます。


RAW撮って出しの画像です。
a.jpg
火星ですか。


参考までに、これを白黒にすると、
a-bw.jpg
多少焼き込みましたが、高いコントラストと白い葉が印象深いです。
この日は曇りの早朝でしたが、晴天の順光なら空は「黒」になります。
昔からモノクロ写真に赤色フィルタを使ってますよね、
遠景をしゃっきりしさせたいときや、コントラストを高めたいとき。あの原理です。


Falsecolorはこの火星の状態のRAWファイルからRGB情報をヒネリ出します。まずホワイトバランス調整。
b.jpg
色温度を下げ(2500K程度)、色味を緑に引っ張り、レベル補正。次のアプローチの前に分離させます。


次にカラースワップです。
c.jpg
RとBチャネルを入れ替えました。入れ替え対象の色や割合、色相、彩度を調整します。


最後に微調整をして完成です。
d.jpg
このデジタルプロセスが写真といえるのか?邪道だというご意見もあるでしょう。
私が見たものそのままをお届けすることがこのブログの目的ではありません。
そもそも赤外線は見えません。ファインダーは真っ暗です。

この真っ暗な世界、わずかな光を私なりの解釈でバーチャルではあるけれど光の世界として再構築。

一度見た、記憶の中の景色や物、その形や色は、写真と同じでしょうか。
その思い出は、期待色であったり記憶色であったり。
そんな『キオクノシンエン』です。
スポンサーサイト

みなとみらい

今朝も近所散歩をしてきました。

この→記事でもアップした区域です。
今回の写真は葉っぱ以外はわりとリアルな色にしてみました。
雰囲気的にはこの→記事と同じような。

20100418  00

臨港パークです。
松も葉(?)がないとニョロニョロみたいです。



20100418  01

この辺もビルで埋め尽くされるのでしょうか。


20100418  02-tiltshift

ミニチュア風

近所散歩

昨日は寒かったですね。4月だというのに。
今朝も雨で寒かったのですが、昼からはこの天気です。
仕事で遅く帰り、疲れ気味でしたが、スッキリです。


20100417  05


20100417  08

近所散歩

今日はあついくらいでしたね。さくらもそろそろ終わりそうです。

ひざしたっぷりの赤外線写真です。
20100411  03

新治市民の森 水辺

前回の続きです。

20100403-  00



20100403-  01



20100403-  02

 | ホーム | 

プロフィール

o-54

Author:o-54
記憶色や期待色、紫外線に赤外線。
記憶の色や形は、写真通りですか。
見た物は本当に、写真通りですか。

#リンクはご自由に

【使用機材】

-camera-
D700/D90(IR)/C3/E-PL2/G12

-lens-
Nikkor85mm f1.8D、50mm f1.4D、35mm f2D
50mm f1.2S、35mm f1.4S、PC 35mm f2.8
S.C50mm f1.4(Ai改)、N.C28mm f2(Ai改)
Planar T*1.4/50mm
COLOR SKOPAR20mm f3.5
NOKTON25mm f0.95
SIGMA50mm f1.4、85mm f1.4
TAMRON70-200mm f2.8
E16mm f2.8、M.ZUIKO17mm f2.8、45mm f1.8
YAKUMO25mm f0.95、IR25mm MP f1.2
SPACE35mm f1.2
PENTAX16mm 、25mm f1.4、8-48mm f1.0

FC2カウンター

検索フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。